チケット対象

覚悟の論理 戦略的に考えれば進む道はおのずと決まる

出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン

ナレーター高城亨,石丸伸二

再生時間 03:47:10

添付資料 あり(1)

出版日 2024/5/24

販売開始日 2024/6/14

トラック数 10

購入音源の倍速版 なし(アプリでの倍速再生は可能です)

作品紹介

▼忖度なしの発言で話題の市長・石丸伸二氏がおくる「勇気の書」
石丸氏自らが「はじめに」「おわりに」を朗読して、満を持してオーディオブック化!

2020年8月、広島県安芸高田市長に就任以来、
忖度なしで理路整然とした発言が話題を呼んできた異色の市長、石丸伸二氏。

居眠り議員をSNSで糾弾し、
機能不全状態の議会に対して「恥を知れ、恥を!」と喝破。
地元メディアとも激しく応酬を交わす。
YouTubeの関連切り抜き動画は、総再生回数3億回超。

この4年間、石丸市長は何を思い、何を考えてきたのか。
なぜ、様々な問題にこれほどまでに強く対峙できるのか。

実際のエピソードや石丸市長ならではの戦略的思考を通し、
覚悟が「決まっていく」仕組みがわかる1冊。

自分の責任を果たしたい、対立をおそれずに動きたい、何かを変えたい。
そんなとき、本書で市長の思考回路を知ることで
やみくもな情熱や衝動とは違う、たしかな勇気が湧いてくるはず。

★ダウンロード特典:未収録原稿PDF:「人生のヒントはまんがから学んできた」

▼PICK UP

・誰にやらされるでもなく、自分で選ぶ。だから人生は面白い。
・それぞれの立場に相応しい行動を選択する
・悪名は無名にまさる
・「劇場型政治」と言われてもいい
・戦う敵を見極めよ
・市長としての仕事を拡張し、インフルエンサーになる
・正論はどんどんぶつけるべき
・私たちは変われるし、変えられる

▼覚悟とは、極めて冷静なもの

なぜそこまでやるのか。やれるのか。
強い力を敵に回してまで信念を貫く、そんな「覚悟」はどうすれば持てるのか。
――そう聞かれることもあります。

おそらく多くの方たちが「覚悟」に情熱的なイメージを抱いているのではないでしょうか。
しかし、私の考える「覚悟」は、情熱や使命感とは異なります。

何かをしたいと思うときには、まず理性が必要です。
自分はどうありたいか、何に自分という存在を使うか。その目的に向かって、戦略を立てる。
リスクとリターンを分析し、「やったほうが得だ」と判断したことを、する。
情熱とはむしろ逆。極めて冷静に、醒めた状態で思考した結果、おのずと決まっていくもの。それが「覚悟」です。

(「はじめに」より)

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close