9割の社会問題はビジネスで解決できる

ナレーター真田新三

再生時間 07:31:57

出版社 PHP研究所

出版日 2021/5/29

販売開始日 2021/11/19

図表 9 枚

チャプター数 19

倍速版 あり

作品紹介

★日経ビジネス「世界を動かす日本人50」選出、
『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』出演。
日本を代表する社会起業家、待望の初著書!
★ソーシャルビジネスだけで売上55億円のすごい仕組み
★斎藤幸平氏、山口周氏、柳澤大輔氏、坂本光司氏、渋澤健氏、推薦!

貧困、難民、過疎化、人種差別、耕作放棄地、
フードロス、地球温暖化……
社会問題を解決するビジネス(ソーシャルビジネス)しか
やらない会社、ボーダレスグループ。


著者が2007年に創業した同社は、
いまや世界15カ国で40の事業を展開し、従業員は約1500名、
グループ年商は55億円を超える(2021年4月現在)。

その大きな特徴は、
「自分はこんな社会問題を解決したい」という
志を持った起業家が集まる
「社会起業家のプラットフォーム」であること。
「40の事業」はそれぞれが独立した株式会社で、
「40人の社長」がいる。

こうして各社が独立経営を行いながらも、
資金やノウハウをお互いに提供し合う、
相互扶助の仕組み「恩送り経営」は、
2019年にグッドデザイン賞(ビジネスモデル部門)に選ばれ、
2020年にはカンブリア宮殿でも紹介されるなど、
各方面から注目を集めている。

そこで第1章では、ソーシャルビジネスを次々と生み出す
同社独自の仕組みを、第2章ではそれらがどういう試行錯誤の中で
生まれてきたかを紹介。
後半の第3章・第4章では、40の事業を立ち上げる中で培ってきた
「社会問題をビジネスで解決するためのノウハウ」を一挙公開する。

「日々忙しく働いているけれど、
自分の仕事は本当に社会を良くしているんだろうか」?
そんなモヤモヤを抱えながら日々仕事を頑張っている、
全てのビジネスパーソン必読!


【本書「はじめに」より抜粋】
ボーダレスグループでは「1000人の社会起業家を生み出し、1000の社会問題を解決すること」を目標にしていますが、世の中にはもっとたくさんの社会問題があります。
ボーダレスグループだけでできることは限られています。だから僕は、社会起業家の仲間、社会問題を解決するためにビジネスを始める人や企業が増えることを願っています。

そこで、40の事業を立ち上げる中で培ってきた独自のプランニングメソッド「ソーシャルコンセプトから始める」など、社会問題をビジネスで解決するためのノウハウを紹介します。

社会起業家をめざす人はもちろんですが、一般の企業の新規事業でもきっと役立つはずです。今の会社に勤めながら、まずは副業として、2~3人の仲間とともに小さなマイプロジェクトを立ち上げる方法だってあります。
みなさんが働いている業界や会社で、「これはおかしいな、社会にとって問題だな」と感じていることはないでしょうか。そうしたビジネスが引き起こしている問題を解決できるのも、またビジネスです。

いま必要なのは、ビジネスを「リデザイン」することなのです。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close