小さな習慣

ナレーター大谷幸司

再生時間 05:37:12

出版社 ダイヤモンド社

出版日 2017/4/27

販売開始日 2021/9/10

図表 1 枚

チャプター数 14

倍速版 あり

作品紹介

【小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、
本当にちょっとしたポジティブな行動。
この方法を使えば、すべてのことは、習慣化し、
目標を達成でき、夢を叶え、人生を変えることができる。
何しろ「小さ過ぎて失敗しようがない」のですから】

とってもかわいい装丁の『小さな習慣』ですが、
中身は実にしっかりとした内容の骨太な自己啓発本です。
科学的に実証されたデータを引用し、脳の仕組みから
なぜ人は「はじめたことを続けられないのか」を説明し、
「小さな習慣」こそが「大きな変化」をもたらすことを説く、
潜在意識の法則の本質を解明する本です。

なぜ、「小さな習慣」がすぐれているかというと
「脳には新しい変化を嫌い、同じ行動の繰り返しを好む」、
という傾向があります。
私たちの毎日の行動のほとんどは
「習慣化」=「何も考えずにやっている」ことで、
脳は「習慣化された行動」が大好きなのです。

習慣化されていない行動をするときには、
モチベーションや意志の力が必要となるのですが、
これが「何かをするとき」に大きな障害になります。
モチベーションは感情に左右されるし、
意志の力には決断などさまざまな要素が必要になり、
それはとても不安定なものだからです。

それに対し「小さな行動」は
モチベーションも意志の力も必要としないし、
とても簡単な「目標」なので失敗することなく、
「成功」体験を感じることができ、そ
の「小さな行動による成功の繰り返し」が自己肯定感を生み、
それが自信となり、繰り返し行うことで習慣となっていきます。
習慣化された行動が大好きな脳は
こうしてやっと「新しい変化」を受け入れます。

「脳は変化を嫌う」ということは潜在意識の法則本では
よく見るフレーズですが、なぜ嫌うのか?について
とってもわかりやすく解説した1冊です。

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
close