瀕死の探偵

ナレーター 佐々木健

再生時間 00:52:17

出版社 パンローリング

出版日 2008/10/6

配信日 2008/9/4

図表 なし

分割ファイル数 1 枚

倍速版 なし

¥309 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

ホームズオーディオブックシリーズ第7弾!きわめて致死率の高い菌に冒されたホームズは…?大どんでん返しの予感がたまらない一冊。推理小説の変り種として楽しめます!

スマトラのクーリー病!? この極めて致死率が高い病原菌にホームズが感染した。
「今にも死にそうですの、ワトソンさま」―ある日、ハドソン夫人がワトソンのもとを訪れホームズが重病だと言う。
憔悴し、顔は熱で紅潮、手は痙攣、息も切れ切れ、見るも無惨な有様のホームズ。ワトソンは、
この病気を治療できる人物を連れてくるようホームズに頼まれる。
その人物の名は、カルヴァトン・スミス氏。細菌を研究し特殊な知識をもつ男である。
ホームズがその男を指名したことには理由があった…!? 瀕死の状態で苦しむホームズ。
錯乱する中、彼の頭脳はすでに何かに気づいていた!!!
声優ナレーター・佐々木健、改訳・大久保ゆうのコンビでお届けする、
鮮やかな展開に聞き応え充分のホームズオーディオブックシリーズ第7弾!