リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

耐える技術

著者 里中李生
ナレーター 伊集院宏

再生時間 04:11:33

出版社 きこ書房

出版日 2013/11/30

配信日 2017/7/3

図表 なし

分割ファイル数 12 枚

倍速版 あり

¥1,080 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

あなたは最後に勝てばいい。
どん底から這い上がって、ベストセラー著者となった里中李生氏の自伝的要素満載の一冊、
『耐える技術』がオーディオブック化。

誰にでも苦難は訪れる。それを耐える男こそ、強くて包容力のある男である。
様々な困難に直面しながらも前を向き続ける著者の生き方から、人生との向き合い方を見直す一冊。

中学生時代に過度の人間不信から拒食症になり、その後も原因不明の心臓神経症に悩まされ、
親との絶縁、借金、失恋、友人の死など、数多くの苦難に見舞われ続けた里中氏。

「死にたい」と思ってしまうほどの状況の中でも、様々な苦難に耐えることにより、
今では仕事も順調に進み、夢をつかんでいる。

本作品は、自身が直面した困難と、それを耐えてきたことで得られた気づきを綴る、
著者の半生の自伝ともいえる一冊である。

物事に耐えに耐えた著者だからこそ出てくる、物事の本質を突く言葉の数々。

今何かに耐えている人には、こういう切り口で考えれば楽になるのかもしれない、
耐えていけるかもしれない、というヒントを与えてくれる。

皮肉な言葉回しと痛快なまでに思いのままの言葉が実に心地の良い作品となっている。

人は一部の大成功者や権力者を除き、三六五日のうち、楽しいのは三十日もない。
その中で我々はどうやって日々を生きていくのか。
それはあなた自身にかかっているのだ。

本作品を通じて、あなたのこれまでの人生を振り返ってみてほしい。
これからの人生を生き抜いていくための力がみなぎってくることだろう。