キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?

ナレーター 大谷幸司

再生時間 06:35:29

出版社 イースト・プレス

出版日 2014/3/26

配信日 2016/12/7

図表 なし

分割ファイル数 20 枚

倍速版 あり

¥1,080 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

31年半続いた「笑っていいとも!」の終了秘話も紹介!
戸部田誠(てれびのスキマ)著『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』がオーディオブックとなって登場!

デビュー時から現在までの、タモリの様々な発言やエピソードを丹念に読み解き、その特異性と唯一無二の魅力に迫ります。
親しみ深く、それでいて謎の多い国民的タレントの素顔に迫る、タモリ本の決定版です。

鮮烈なデビューを飾り、人気番組「笑っていいとも!」のMCを31年半務めてきたタモリさん。
2013年10月に発表された「いいとも終了」のニュースは日本中を驚かせ、
多くの人が、当たり前のようにあったその存在の大きさを感じたことでしょう。

本作品は、個人ブログ「てれびのスキマ」にてタモリに関する文章を書き続けてきた著者が、
タモリ本人はもちろん、関係者の様々な発言、エピソードを丹念に読み解き、
そのデビュー時からいいとも終了の裏側、そして「タモリ」という人物の考え方や魅力に迫った「タモリ学」です。

タモリをきっかけとした著者自身の考えを述べたものはなく、
テレビ、ラジオ、書籍、インタビューなどの発言やエピソードを抽出し
タモリさんの“哲学”を浮かび上がらせることを試みた本作品は、真のタモリ像に迫った一冊と言えるでしょう。

多くのタモリファンからも人気を集めた本作品を、オーディオブックでお楽しみください。