リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

池上彰と考える、仏教って何ですか? 文庫版

著者 池上彰
ナレーター 西村不二人

再生時間 04:34:16

出版社 飛鳥新社

出版日 2014/10/9

配信日 2016/8/23

図表 1 枚

分割ファイル数 13 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

10万部突破、仏教の入門書として最適の池上彰著『池上彰と考える、仏教って何ですか?文庫版』がオーディオブックで登場!

仏教の誕生から日本への伝来、そして葬式や戒名の意味、新興宗教まで、
世界では「仏教国」とされている日本人が実は知らない、仏教にまつわるあらゆる疑問について解説します。
日本をもっとよく知るために仏教について改めて学び、仏教の穏やかな生き方を目指してみませんか?

日本人は、様々な宗教を信仰している、あるいは無宗教であるといわれることもありますが、
世界では日本は仏教徒の国だと考えられています。

では、日本でどれだけの人が、自分を仏教徒だと自覚して暮らしているでしょうか。
おそらく、自覚していない人も多いことでしょう。

本作品では、実際に日本人の生活に大きな影響を与えている仏教について、
ジャーナリスト・池上彰氏が、様々な観点からわかりやすい解説を行っています。

多くの人が自覚していないとしても、
私たち日本人は、仏教的な世界観の中で生活し、死んでいきます。

仏教の成り立ちや日本への伝来について知り、
さらに私たちの生活の中にある仏教的な様々な事柄について、その意味を正しく理解することで、
私たちは日本という国を、そして日本人としての自分自身を、より深く知ることができるでしょう。

後半には、チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ法王との対談も収録されており、
さらに深く仏教の原点に迫ることができます。

東京オリンピックも近づき、日本が世界でも注目を集めつつある今、
日本人の生き方・暮らし方の原点にある仏教について、学びを深めてみませんか?