キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

腹を割って話した

ナレーター 松島昭浩 山本喜寿

再生時間 03:49:40

出版社 イースト・プレス

出版日 2011/3/10

配信日 2015/8/6

図表 なし

分割ファイル数 11 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

Amazon4.6の高評価!大泉洋出演の大人気バラエティー番組『水曜どうでしょう』のディレクター陣が
夜を徹して語り合った初の対話集「腹を割って話した」がaudiobook.jpに登場!
対話で綴る、もう一つの『水曜どうでしょう』をオーディオブックでお楽しみください。

北海道テレビ制作により、96年10月9日から北海道内で放送が開始されたバラエティー番組『水曜どうでしょう』。
本作品では、その番組のチーフディレクターである藤村氏とディレクター兼カメラマンである嬉野氏が、
北海道の温泉宿で夜を徹して語り合い、これまで互いに知りえなかった根幹の部分に触れた対話を収録しています。

なぜあの番組は面白いのか。
気持ちのいい笑いとはどういうものなのか。

『水曜どうでしょう』の裏話から、番組の作り方、そして信頼関係まで、
余すことなく語り合っています。

オチとは何か、仕事とは、面白いとは何か・・・

真面目な内容のはずなのに、何故か肩の力がぬける、
もう一つの『水曜どうでしょう』を耳で楽しむことができるオーディオブックです。

『水曜どうでしょう』という番組がここまで多くの人に愛されてきた理由が分かる、貴重な対談集です。
あなたも「気持ちのいい笑いの温泉」につかってみませんか?