キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

菜根譚

著者 守屋洋
ナレーター 佐々木健

再生時間 08:56:41

出版社 PHP研究所

出版日 2007/3/20

配信日 2015/2/10

図表 なし

分割ファイル数 21 枚

倍速版 あり

¥1,728 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

Amazon評価4.5!人生の書「菜根譚」の決定版であり、
著者・守屋洋氏のライフワークの結実でもある名著が遂にオーディオブック化!

1982年の出版以降、版を重ねてきた『新訳 菜根譚』にわかりやすい訳と解説を加えた本作品から、
今日本人が心に刻むべき、現代を生き抜く術を改めて学び直しましょう。

助言を求めている方、決断を迫られている方、自分を変えたい方に最適の名著です。

今、現代は混迷の時代といわれています。
戦後、経済的価値だけを追い求めて走り続けた日本人は、
世界でも例を見ない経済成長を成し遂げ、個人の生活もそれなりに向上させることができました。

しかしその反面、失われたものも少なくなかったでしょう。

その失ったものとは何なのか?
今の日本人の心に欠けてしまった事とは?
なぜ、混迷の時代と言われるような現代になったのか?

このように現代に欠けてしまったものを教え、現代を生き抜く術を授けてくれるのが、
17世紀初め中国明大末期にかかれた古典書であり、
日本には江戸時代に伝わり、多くの人々に読みつがれていた「菜根譚」です。

本作品は、1982年に『新釈 菜根譚』を出版した守屋洋氏が、
さらに語釈を加え解説も補った決定版をオーディオブック化し、皆さまにお届けします。

多くの先人たちの座右の書であり、著者のライフワークの結実でもある本作品を通して、
自分の生き方に思いをめぐらせ、人生観を見つめなおしてみませんか?