ニッポニアニッポン

再生時間 05:06:08

出版社 新潮社

出版日 2004/7/1

配信日 2014/4/16

図表 なし

チャプター数 14

倍速版 あり

作品紹介

芥川賞、谷崎潤一郎賞など各賞受賞の人気作家・阿部和重による、第125回芥川賞候補作となった人気作品が遂に登場!

名前に「鴇」という文字が入っていることから、天然記念物のトキにシンパシーを感じている引きこもり少年・鴇谷春生。
絶滅に瀕した日本産トキの運命をめぐる春生の思考が行きついた、ある革命計画とは?
少年が脳内で繰り広げる葛藤から、人生をかけた行動の結末までをスリリングに描く濃密な雰囲気を持った長編を、
あなたの耳元ですべてが展開しているように思える濃密なオーディオブックで、ぜひじっくりとご堪能ください。


『グランド・フィナーレ』で芥川賞を受賞、
『ピストルズ』で谷崎潤一郎賞を受賞している人気作家・阿部和重のオーディオブック第2作!

17歳の鴇谷(とうや)春生は、上京したものの学校にも行かず、仕事もせずにインターネットに没頭している引きこもり少年。

苗字に「鴇」の字が含まれていることから、
いまや絶滅危惧種として佐渡のトキ保護センターにて飼育されているトキに興味を抱いた彼は、
次第に、トキという動物と自分自身との間に類似性を見出し、トキへの思い入れを強めていく。

絶滅がほぼ決定的となった状況のなか、「日本産のトキ」という固有種を維持しようと、
中国産のトキを利用してヒナを誕生させようとする風潮に、春生は次第に強い疑問を抱くようになる。
いまや自分こそがトキの心情を代弁し、その運命に判決を下すことのできる唯一の人間であるとすら信じるようになった春生は、
「ニッポニア・ニッポン問題の最終解決」という革命計画に生きがいを見出し、行動を始めるが・・・。


自らとトキを重ね、トキというまだ見ぬ鳥を通して社会と関わろうとする春生の物語は、
現代の日本社会が抱える様々な矛盾や課題を暴きつつ、日常にはなかなか味わうことのできない極上のスリルを与えてくれます。

冒頭から緊迫した雰囲気で展開する物語と、どこまでも深く突き詰めていく鴇谷春生の思考の渦に飲まれる感覚すらある文章は、
阿部和重の小説の魅力を凝縮し、さらにどこまでも濃密にしたもの、と言っても過言ではありません。

既に阿部和重の小説世界に親しんでいる方も、初めて著者の作品に触れる方にも、
その魅力を存分に味わい、深く物語の中に入っていける作品です。

あなたの日常に、恐ろしいまでの情熱とスリルと知性、そしてわずかな狂気の感覚を与えてくれるこの作品を、
鴇谷春生の息遣いが聞こえるような至近距離で味わえるオーディオブックで、じっくりとご堪能ください。

©阿部和重/コルク

ジャンル

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

新着作品

読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...

週間総合ランキング

読み込み中...
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中画像
読み込み中...