キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

賢者の書

著者 喜多川泰
ナレーター 市村徹

再生時間 04:15:07

出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン

出版日 2009/8/5

配信日 2013/7/2

図表 なし

分割ファイル数 15 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

「勇気が湧き出てくる」「もっと早く出会っておけばよかった」「自分の大切な人に伝えたい」
Amazonレビューで感動の声が止まらない喜多川泰氏のデビュー作を遂に音声化!

人生に疲れてしまった方に、感動と自信、そして前進するエネルギーを与えてくれる名著です。


本書の主人公は、中年の会社員・アレックス。
会社では次こそリストラを宣告されるのではと怯え、
妻子のいる家庭でも心は休まらず、日々を窮屈に感じていました。
そんな彼はある日突然衝動にかられて飛行機に飛び乗り、
「あそこなら確実に一人になれる」と子供の頃に住んでいた街の公園までやってきます。

「あなたが最後の賢者ですか?」
公園でアレックスが出会ったのは、サイードと名乗る少年でした。

サイードは祖父からもらったという『賢者の書』を完成させる旅をしており、
これまでに8人の賢者と出会っていました。
そして、最後の9人目の賢者にその本を渡すことで、旅は完結するといいます。

自分は残念ながら賢者ではないと否定しますが、
「この本を読め!」という内なる力を感じて、
アレックスは『賢者の書』を開き、その内容を読み進めていきます・・・。

ベストセラー『君と会えたから…』『手紙屋』等で知られる喜多川泰氏のデビュー作である本書は、
驚きと感動に満ちた出会いで溢れるファンタジーです。

自分の居場所がないような気がする方。
目標や生きがいを見つけられない方。
「幸せ」と感じることが少なくなってしまった方。

思い通りにならない日々の中で疲れ、乾いてしまったあなたの心に、
サイードの物語を通して出会う『賢者』たちが、優しくたっぷりと水を注いでくれます。

「行動の結果として手に入れるものは、成功でも失敗でもなく、パズルの1ピースだということ」
「自分のことで精いっぱいのときでも、他人の幸せを願うこと」
「人生は言葉によって作られていること。言葉が人生を作っているということ」

こうした言葉の数々はあなたに温かい気持ちを取り戻させ、再び歩き出すための力を授けてくれることでしょう。

さあ、あなたもこの『賢者の書』の教えを紐解いて、幸せをつかむ明るい人生の第一歩を踏み出しませんか?