リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

やさしい中国語で読む自伝エッセイ茉莉花

著者 陳 淑梅
ナレーター 陳 淑梅

再生時間 01:05:11

出版社 NHK出版

出版日 2012/7/15

配信日 2013/1/27

図表 なし

分割ファイル数 36 枚

倍速版 なし

¥617 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

NHKのテレビやラジオの人気講師・陳淑梅先生の『やさしい中国語で読む自伝エッセイ 茉莉花』全35話を、著者自らが中国語で朗読。
文化大革命が始まった幼少期、日本語に出会った青年期を経て、来日するまでの思い出がつづられています。中でも興味深いのは、小学校の授業風景。算術の授業ではたとえば次のような問題が出されました。「5人の農民が一年中、畑で骨身を惜しまず働いて、1人500斤の穀物が収穫できました。しかし、最終的にめいめいが地主に400斤ずつ持って行かれました。では、地主は5人の農民から合わせてどれだけの穀物を搾取したでしょうか」。計算を間違えた生徒には、「算術をちゃんと勉強しないと、わけがわからないままに搾取されてしまいますよ」といったお説教が始まります。
やさしい語り口で書かれているので、リスニング教材としても最適。2分前後のエッセイで構成されているので、電車の中など短い時間でも、気軽に聞くことができます。

※音声CDとして発売した『NHK出版CDやさしい中国語で読む自伝エッセイ 茉莉花』(ISBN978-4-14-039549-3)と同一の内容です。