キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

魯迅 「狂人日記」

著者 魯迅
ナレーター 蘇武ケンジ

再生時間 00:36:46

出版社 パンローリング

配信日 2012/9/10

図表 なし

分割ファイル数 2 枚

倍速版 なし

¥103 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

1918年に魯迅によって発表された処女作となる短編小説。

魯迅は、狂人の日記という形で、当時の中国の封建社会を「人が人を食べる」社会であると批判した。

大病を患ったという友人の弟。
訪ねてみると、すでに全快して赴任しているといい、兄から病中に書かれたという日記を渡された。

内容は支離滅裂ででたらめのようであり、被害妄想狂の類であると見えた。

犬の視線から逃れられないでいる。
周囲の人間がこちらを見て噂をしている。
皆が自分を食べようとしている。

短く綴られた日記には、彼が次第に発狂していく様が記してあった。