素数はなぜ人を惹きつけるのか

著者 竹内薫
ナレーター 佐々木健

再生時間 03:33:23

出版社 朝日新聞出版

出版日 2015/2/13

配信日 2018/9/9

図表 12 枚

分割ファイル数 13 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

“数の原子"とも言われる素数は、
数学者・科学者を魅了してやまない。
素数とは1と自分自身の他に約数を持たない数のこと。

この数字は実にミステリアスで、
2、3、5、7と現れたかと思えば次は11。
出没が気まぐれなのだ。
人類はこの数の規則性を明らかにするために、
途方もない研究の歴史を積み重ねてきた。
なかでも数学史上最大の難題である「リーマン予想」は、
素数の出現規則の解明のための最大の鍵。
それがわかれば、この宇宙の構造までも見えてくるという――。

本書では文系にもわかりやすく奥深い素数の世界を解説する。