明治維新という名の洗脳 150年の呪縛はどう始まったのか?

ナレーター 西村不二人

再生時間 04:31:31

出版社 ビジネス社

出版日 2015/9/19

配信日 2018/8/19

図表 なし

分割ファイル数 15 枚

倍速版 あり

¥1,512 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

維新はすべてまやかしだった!
明治維新という美名の下になされた偉業とされるものが、もし全て計られたものだったら・・・・・・
ドクター苫米地が日本を呪縛する金融支配の原点を明らかにする!

明治維新が明るく、素晴らしいものであった、という印象操作。
これこそが、支配階級の仕掛けたそもそもの洗脳であった。
たとえば、維新の時に内戦が始まっていたら日本は欧米に乗っ取られていた、というまことしやかな嘘。
実は、外国勢力は日本の植民地化など狙っていなかったのだ!
では何を狙っていたのか?
現代につながる歴史の真実を抉り出すドクター苫米地の脱洗脳!