キャリア決済再開のお知らせ au・docomo・SoftBankのキャリア決済をご利用いただけます 決済方法の登録はこちら

フィードバック入門 耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術

著者 中原 淳
ナレーター 西村不二人

再生時間 05:48:15

出版社 PHP研究所

出版日 2017/2/18

配信日 2018/5/31

図表 8 枚

分割ファイル数 15 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

年上の部下、育たない若手…多様化する職場の人材に対応できず、
部下育成がおろそかになっている現代のマネジャーたち。
そんな悩みを解決する、日本の企業ではあまり知られていない人材育成法、それが「フィードバック」。

「成果のあがらない部下に、耳の痛いことを伝えて仕事を立て直すこと」と定義されるこの部下指導の技術について、
基本理論から実践的ノウハウまでを余すことなく収録。「フィードバック」の入門書にして決定版の1冊。


「『年上の部下』に困っている……」
「若手がなかなか育たない……」
「そもそも部下の指導をしている時間がない! 」

悩める現代のマネジャーを救う、まったく新しい人材育成法、
その名は、「フィードバック」=「耳の痛いことを伝えて、部下と職場を立て直す技術」

年上の部下、育たない若手……多様化する職場の人材に対応できず、
部下育成がおろそかになっている現代のマネジャーたち。
何とかしなければという焦りはありつつも、
自らもプレイングマネジャーとして実績を求められ、部下を指導している時間がない……。

そんなマネジャーの悩みを解決する、
日本の企業ではあまり知られていない人材育成法、それが「フィードバック」である。
フィードバックとは、「成果のあがらない部下に、耳の痛いことを伝えて仕事を立て直す」部下指導の技術のこと。
コーチングとティーチングのノウハウを両方含んだ、まったく新しい部下育成法である。

本書では、そんなフィードバックについて、
「人材開発」の第一人者である著者が、
その基礎理論から実践的ノウハウまでを余すことなく解説。
また、特別コラムとして、現役マネジャー3名のフィードバック事例も収録。

読めば、成果が今一つあがらないという職場から、
人が育ち、成果もあがる組織へと変身!
「フィードバック」の入門書にして決定版の1冊。