鬼平犯科帳 第3話 血頭の丹兵衛

ナレーター 平田ナオキ

再生時間 00:45:52

出版社 文聞舎

出版日 2018/3/1

配信日 2018/4/15

図表 なし

分割ファイル数 6 枚

倍速版 なし

¥486 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

 盗みを働く際に、人を傷つけず、女を犯さずというのが真の盗賊であるという、理解できるようなできないような掟がその世界にはあるという。平蔵の拷問によって野槌の弥平の隠れ家を白状した小房の粂八は、平蔵の人柄に惚れ込み密偵となって働くことを決意する。もう一つの動機は、粂八が真の盗賊と信じていた血頭の丹兵衛が凶悪無惨な犯行を行ったと聞き、それが本物かどうか確かめたいというものであった。