柚子の花咲く

著者 葉室麟
ナレーター 岩崎了 門田幸子

再生時間 09:58:29

出版社 朝日新聞出版

出版日 2013/10/8

配信日 2017/8/8

図表 なし

分割ファイル数 29 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

緻密な描写と時代考証、そして深みのあるストーリーで人気の著者・葉室麟の『柚子の花咲く』がオーディオブック化。
命がけで人を愛するとは、人生を切り拓く教育とは何かを問う、感動の長篇時代小説を耳でお楽しみください。

【あらすじ】
江戸時代中期、瀬戸内海に注ぐ日江川の河岸で、一人の武士の遺骸が見つかった。
男は村塾の教師・梶与五郎。
身分のへだてなく愛情を注ぐ梶は、教え子たちから厚く慕われていた。

ところが、死んだ途端に悪評がたった。
少年時代、与五郎から薫陶を受けた若き藩士・筒井恭平は、その噂を信じることができない。
かつて学業の劣る塾生だった恭平を、与五郎は諦めずに何度も諭してくれた。
「桃栗三年、柿八年、柚子は九年で花が咲く」が与五郎の口癖。
柚子のように遅咲きの恭平にとって、時をかけて人が育つのを温かく見守る与五郎は、年の離れた兄のような存在だったのだ。
恩師の汚名をそそぐため、恭平は与五郎が殺された隣藩へ決死の潜入を試みる。
探るうちに、与五郎の噂の真実、共に学んだ仲間たちの想いが明らかになっていく……。
恩師が掴み取った人生の意義とは何だったのか、そして恭平自身が選びとった生き方とは――。