リニューアルのお知らせ 「FeBe」は「audiobook.jp」として生まれ変わりました 詳しくはこちら

わたしのペットにしてあげる 2 ~サキュバスの搾精ペットライフ~

再生時間 03:51:38

配信日 2016/9/1

図表 6 枚

分割ファイル数 17 枚

倍速版 なし

¥1,080 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

「私のペット君♪ 良い子にしてたかな?」

男の精を糧にするサキュバスの搾精ペットにされちゃった貴方。
でも全然辛い事なんてありません。ペットである貴方を彼女はとーっても可愛がってくれます。
いつもは手やお口で精液を絞ってくれる彼女ですが、今日は何だか機嫌が良い様子?

「あ、そうだ!今日はペット君のしてほしい事聞いてあげちゃおうかな♪」

魅惑的なサキュバスちゃんの搾精ペットライフを満喫してください!

◆作品内容◆
複数のプレイからその日の気分で選んで視聴するタイプの音声作品です。
オープニング > プレイ選択 > エンディング という形が基本になります。
全編バイノーラル収録作品となりますのでイヤホンやヘッドフォンでの視聴をお願いします。
制作側はイヤホンを推奨しております。

◆トラック内容◆
00 :やっほ~、私のペット君♪良い子にしてたかな?(オープニング) 2:17
今夜も搾精ペットであるキミの精液を絞りにやってきたサキュバスちゃん。何だかとっても機嫌が良さそう?
「何でもして欲しい事、いってごらん?」

01 :オナニーのお手伝い!(オナサポ) 21:30
サキュバスちゃんが色んな方法で貴方のオナニーをサポートしてくれます。
自分でしている間にキスしたり敏感な乳首を舐めてきたり、ちょっと意地悪しながらも最後は耳舐めしながら気持ち良くお手伝い!
「折角の久しぶりのオナニーなんだし、沢山シコシコしていっぱい精液だそうね…♪」

02 :胸には自信あるんだから♪(パイズリ、フェラ) 18:15
魅惑的な胸が気になる貴方におっぱいでご奉仕。
優しく甘やかすパイズリから一転、涎でヌルヌルの谷間で精液を搾り取るパイズリでしっかりと搾り取ってくれます。
「おっぱいの心地よさだけじゃなくて…絶頂の快感もこれからたっぷり味わせてあげる…」

03 :おもちゃよりも…この尻尾が良いよね?(尻尾責め) 22:54
愛用のオナホールを持ち出した貴方に、もっと気持ち良いオナホールを使ってみない?と提案するサキュバスちゃん。
自在に動かせる尻尾ホールでいやらしく誘われて搾り取られちゃいましょう!
「ねぇ…今日はこの尻尾の中に…精液どぴゅどぴゅってして欲しいなぁ…?」

04 :どうやら…ちょっと躾が必要みたいだね♪(顔面騎乗、軽度の射精管理) 29:00
ちょっと調子に乗りすぎてしまった貴方、サキュバスちゃんにもう一度ペットとしての躾をされちゃいます。
顔面騎乗されておおきくなってしまったモノを、耳舐め手コキや亀頭責め、両耳を虐めながらのカウントダウンで射精の誘惑をされちゃいます。
でも、おあずけが許されるまで射精の許可は出してくれません。
「ご主人様の「おあずけ」や「命令」を聞くのはペットとして当然だよね、分かったかな?」
※カウントダウンAパートは射精を我慢出来たかで5Aか5Bにパートが別れます。
 カウントダウンBパートは両耳同時舐めカウントダウンでの射精トラックとなります。

05A:私も…我慢出来なくなっちゃった♪(ご褒美エッチ) 20:10
射精の誘惑に耐えて我慢出来た貴方にサキュバスちゃんからのご褒美エッチ。
サキュバスとしてエッチな事は常にリードしたがる彼女の可愛い一面も見れちゃうかも?
「私が満足するまでは頑張って貰うからね?」

05B:お口でキレイにお掃除してあげる…(お掃除フェラ) 4:20
おあずけを許されて射精した精液をお口で綺麗にお掃除してくれます。
「はい、これでキレイになったね… ペット君、今日も美味しい精液ごちそうさま♪」

06 :今日も精液ごちそう様♪(エンディング) 2:22
サキュバスちゃんもお腹一杯で眠くなっちゃったみたい?
最後は仲良く寝ちゃいましょう。
「ん… それじゃ…お休み… ペット君♪」

おまけ:同時両耳舐めトラック

02、03、04、05の各トラックはSE有無を収録しております。
製品版特典として、イラストのRyuki様による特大サイズの全身イラストと表情差分を収録しております。
収録時間:全編バイノーラル収録 約120分(重複部分無し)

◆作品ポイント◆
全編バイノーラル収録ならではの耳舐め、吐息、囁き等の臨場感や距離感をお楽しみください!
作品紹介に「サキュバスの搾精ペット」等の用語がありますが、全体的に甘めの内容で攻め方もソフトな物となります。
あくまで彼女はペットである貴方をとっても可愛がってくれます!

前作「わたしのペットにしてあげる ~サキュバスの絶頂誘惑~」の続編となります。
一部前作の設定を継いでいる箇所等ございますが、基本的に本製品だけでお楽しみ頂けます。