おとなの教養―私たちはどこから来て、どこへ行くのか?

著者 池上彰
ナレーター 矢島雅弘

再生時間 04:56:00

出版社 NHK出版

出版日 2014/4/9

配信日 2015/3/20

図表 なし

分割ファイル数 14 枚

倍速版 あり

¥1,296 税込
無料会員登録
または ログイン

作品紹介

15万部突破、池上彰氏が教養を語るベストセラーをオーディオブック化!
宗教、宇宙、経済、歴史などの各分野で現代人が身につけておくべき知識を、
池上氏らしい分かりやすい切り口で講義します。

「私たちはどこからきて、どこへ行くのか?」という人間の本質に迫り、知的好奇心を刺激する、
一度学んでおけば人生の中でずっと役立つ、現代の教養書の決定版です。

あなたは、おとなが身につけるべき教養が身についていますか?
また、身につけるべき教養がどのようなものか理解しているでしょうか?

いま、世の中は即戦力的な人材を求めており、
私たち自身もすぐに役立つ知識をよしとする傾向があります。

しかし、すぐに役立つような知識は、逆にすぐに役立たなくなると著者は断言します。

すぐには役立たない教養こそ、社会に出てから有効に働くようになり、
そして、その教養こそが「自分自身を知る」ことにつながるのです。

本作品では、一見難しそうな、ヒッグス粒子やフリードマンの自由主義等の詳細な知識も盛り込みながら、
宗教や経済、そして宇宙に至る知識まで、深く幅広い内容を、大人の教養として分かりやすく解説します。

「聖徳太子は今歴史の教科書から消えようとしている」
「ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の神は同一だった」

など、現代を生きる教養人として知っておきたい歴史や宗教の事実を知ることができます。

本作品の重要な点は、現代社会で必須となる知識を身につけられる点だけではありません。
大切なのは事実そのものではなく、その事実に至るまでの過程です。
その過程を知ることが、自分自身を知ることの手がかりになるでしょう。

本作品をお聴きいただくことで、きっと教養と自分に対する、新たな発見の連続があるでしょう。
しっかりと教養を身につけ、今日からの自分自身の生き方、あり方を考えてみませんか?